弾く〜レッスン〜

ピアノソナタを弾くコツ!美味しいチャーハンの様に弾くこと⁉︎

ピアノソナタ弾き方のコツ

シンプルだからこそ難しいモーツァルトのピアノソナタ k.545 ハ長調🎹

この楽曲を全て解説するには長々となってしまうので、端的にコツを伝授します❗️❗️

美味しいチャーハンの様に弾くこと🍴

美味しいチャーハンはお米が独立してパラパラとなっていますよね。

モーツァルトの軽快なメロディを奏でるには、美味しいチャーハンのパラパラとしていて、フワフワのお米の様な音がピッタリです!

 

猫くん
猫くん
パラパラの音ってどうやって出すにゃ…?
CANACANA
CANACANA
姿勢!重心!腕の脱力!呼吸!が大事です♪

手首に力は入っていませんか?

手のフォームを崩さない様、指の根元から、子供やペットをコチョコチョするかのように、指を動かしてみてね。(手のフォームは変えない!)

指先の一点で、鍵盤を瞬間タッチする様に弾いてみてね😃

そして、耳を澄まして、一音一音デコボコにならないように、音楽の流れ、美しいフレーズを作っていくのです!!🎶

CANACANA
CANACANA
やってみてね❤️
❤️おまけ❤️

モーツァルトのフレーズは会話の様になっていることが多いので、弾きながらセリフを作ると、フレーズ感が生まれますよ♪

例)この曲の冒頭部分

ママ🙎‍♀️「な〜にし〜て あ〜そ〜ぶ〜?♪」

息子👦「こ〜うえんに〜 い〜きたいんだ〜♪」

こんな感じでやってみてね😄

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です